おもちゃ

ボイスそろばん (Voice abacus)

そろばん学習、やっとけばよかったなーと思っているんですよね。

あ、急にすいません、

私自身暗算が苦手で、計算に時間がかかるんですよね。

子供の頃に習おうと思ったことはなかったのですが、周りのそろばんを習っていた人はやっぱり暗算が早い。

もしお母さんが薦めてくれていたら、、、なんて思っても仕方ないのですが、

そんなそろばん学習を気軽に始められたら嬉しいですよね。

そろばん計算を学べる学習玩具「ボイスそろばん(Voice abacus)」というおもちゃがあるので、今回はこちらをご紹介したいと思います。

テストの時も、暗算が早いと時間短縮になりますし、子供のころに学んでおけば、大人になってからも様々な場面で役に立つと思います。

食事の割り勘とかも、、笑

英語を話す方、また、聴覚障害や視覚障害をお持ちのお子さんにも対応しているので、幅広い方に読んで頂けると嬉しいです。

それでは、「ボイスそろばん(Voice abacus)」をご紹介!

 

家庭で学べる、はじめてのそろばん


楽天市場で詳細を見る

今日ご紹介する「ボイスそろばん(Voice abacus)」は、そろばん初心者にぴったりの学習玩具です。

そろばんのシェア率全国1位を誇る、「播州そろばん」が監修を務めています。

ちなみに場所は兵庫県です。

おしゃべり機能が付いていて数を読み上げてくれるので、そろばん独自の数の表し方を間違えずに覚えることが出来ます。

100の位まで計算できる3桁のそろばんで、玉を動かしてできるすき間には、今表している数が文字で表示されるようになっています。

画像だと「0」「0」「0」となっているところですね。

玉の色が赤、黄、緑とカラフルなので、堅苦しい勉強感がなく、お子さんもおもちゃで遊ぶ感覚で始められると思いますよ。

 

英語と日本語の2つのおしゃべり機能


楽天市場で詳細を見る

まず数字を読み上げる言語を、日本語英語の2種類から選ぶことが出来ます。

外国でもそろばんを使った計算は注目されているので、海外の方にも遊んでいただける様に英語での読み上げもあるんですね。

遊び半分で英語を聞きながら使っていたら、覚えちゃったってこともありそうですよね。

ネイティブ発音だし、3桁の数まで英語で言えたら、クラスの人気者になれそうですね。

言語を決めたら次に、読み上げモード確認モードを選びます。

読み上げモードでは、そろばんの玉をはじくたびに数を読み上げてくれるモードです。

1回1回確認しながら覚えていくのにいいですね。

もう1つの確認モードは、玉をはじいても数字の読み上げはありません。

答え合わせボタンを押すと、今の数字を読み上げてくれるので、計算問題をするときにおすすめです。

あらかじめ答えが出ている計算式があると、読み上げられた数が正しいか分かりやすくていいですね。

また、聴覚障害を持っているお子さんも、そろばんに表される数字を見ながら学ぶことができ、視覚障害のあるお子さんも読み上げられる数字を元にそろばんを学ぶことが出来ます。

習い事を始める前にも、そろばんを覚えるきっかけになってくれるおもちゃだと思います。

 

指を使い、目で見て、耳で聞いて。

体を使って計算を覚えること。

まさに身に付けるということですね。

 

皆さんも「ボイスそろばん(Voice abacus)」でそろばん学習を初めてみてはいかがですか??

メーカー 株式会社ダイイチ
サイズ 19×13.5×2cm
対象年齢 6歳~
電池 単4×2本(別売り)

楽天市場で詳細を見る